私の会社では、ホームページ作成依頼が発生することがあります。
私は、数年間のプログラマー経験があり、対応できるのが自分だけだったので、仕事を楽しんで行うことができました。
クライアントからは、イラストレーターを使った画面イメージの仕様が送られてきました。

仕様書を見るとお問い合わせページがあり、これを見て、サーバー側の言語(PHP)を使う必要があることがわかりました。
当時、会社には、PHPが使えるテストサーバーがなかったので、自分のレンタルサーバーを使うことにしました。
そのページは、画面遷移やデータの送受信、メールの送信のためのPHPのプログラミングをする必要性があり、インターネットで調べながらその方法を探り、無事にテストとして、自分のメールアドレスに送信されるフォームが完成しました。
入力フォームチェックやFacebookやInstagramなどリンクへ飛ばす処理はJavaScriptを使って行いました。

何事もなく無事に納品できたことが一番の嬉しかったことだと思います。